脂肪を溶かす

脂肪溶解注射を利用する際の注意について

脂肪溶解注射は、手術のように体を傷つけずに負担は比較的少ない方法ではありますが、利用する際には注意すべき点もあります。 脂肪溶解注射は一度に注入する薬剤の量は少量であるために、急激な変化は起こらないので、何度か注射を行って徐々に理想のスタイルへ近づけます。この時に負担は少ないとは言っても負担が無いわけでは無く、また、数日で収まりますが一時的に赤く腫れたり痛みが伴う事があります。そのために、短時間で何度も脂肪溶解注射を行う事は出来ないです。 また、注入する成分は大豆に含まれるフォスファチジルコリンというものを用いますが、アレルギーがある人は脂肪溶解注射を受ける事が出来ないです。

リバウンドしにくいなどいくつかメリットがあります

ここでは脂肪溶解注射のメリットに関するお話をします。脂肪溶解注射は手術ではなく薬剤を注入するために、手術程は負担を掛けずに痩せる事が出来ます。また、注射を打つだけなので短時間で施術は終わり、当日から日常生活をおくる事も可能です。 そして、脂肪細胞自体を溶かすためにリバウンドがしにくい点もメリットの一つです。通常の運動や食事制限によるダイエットでは、脂肪を燃焼させるといっても脂肪細胞の大きさが小さくなって数そのものが変わるわけでは無いです。しかし、脂肪溶解注射は脂肪細胞を溶かして脂肪を蓄える細胞自体が減少するのでリバウンドを起こしにくいという訳です。 最後に、ここでは脂肪溶解注射のメリットをいくつか挙げましたがデメリットもありますので、施術を受ける際には出来る限り信頼の出来る医師に相談をする事も忘れないでください。